新田町

置き屋台(セントラルスクゥエア)

新田町屋台の概略

大正時代から昭和初期の御祭礼には踊り屋台とお囃子屋台の2台セットで曳行されていたようである。平成4年屋台巡行の呼びかけがあり、その後は修復したもので臨んでいた。平成30年宝くじ助成金また関連企業の協力を得て、ほぼ新調され現在の屋台で巡行の運びとなった。その後彫刻装飾を加えている。