ご挨拶

長野市長 加藤 久雄

 「ながの祇園祭 御祭礼屋台巡行」が、多くの関係する皆様のご尽力により盛大に挙行されますことに対し、心からお祝いを申し上げます。
 かつては、日本三大祇園祭の一つとして数えられておりました弥栄神社の祇園祭は、善光寺門前の各町から毎年多くの屋台が奉納され、町衆の勢いを競い合いながら開催されておりました。社会情勢等の変化から、一時は中断を余儀なくされていた屋台巡行ですが、平成24年からは毎年運行され、今年で8年目を迎えることができました。門前の夏の風物詩となってきたことを大変うれしく思っております。
 今年は、4か町の屋台が曳き出され、2台の置き屋台が参加いたします。絢爛豪華な屋台行列とともに、お囃子に合わせた踊りや勇壮な獅子舞なども披露され、門前町・長野を華やかに彩ることでしょう。
歴史と伝統あるこの祭りが、往年の賑わいを取り戻し、全国の皆様にお越しいただける観光資源となること、そして中心市街地の活性化と伝統文化の継承につながることを願っております。
 結びに、屋台巡行及び屋台の保存に多大なご尽力をいただいている御祭礼加盟町の皆様に深く敬意を表しますとともに、「ながの祇園祭 御祭礼屋台巡行」のご成功と今後ますますのご発展を心から祈念申し上げ、挨拶といたします。

筆頭顧問 長野商工会議所 会頭

北村 正博

 「ながの祇園祭 御祭礼屋台巡行」が関係各位のご尽力のもとに盛大に開催されますこと、心よりお祝い申し上げます。

 弥栄神社御祭礼は、かつて大変な賑わいを誇り長野で最大のお祭りであり、長野祇園祭とも呼ばれ日本三大祇園祭のひとつに数えられたと言われております。その後、時代の流れと共に、屋台巡行の担い手の減少、経済的事情などにより中断されておりましたが、平成24年から、各町の皆様、長野市、長野青年会議所、長野商店会連合会など関係各位のご理解とご協力により、「ながの祇園祭 御祭礼屋台巡行」が新たな形として復活をされ、今年で8年目を迎えられます。ぜひ令和になり最初の「ながの祇園際 御祭礼屋台巡行」が、より厳かに華々しい屋台運行を挙行されますことに期待を申し上げます。

 今後とも「ながの祇園祭 御祭礼屋台巡行」が毎年継続的に開催されることが、ふるさと再発見と新しい文化の創造、初夏の長野の風物詩としての定着、中心市街地の活性化、地域コミュニティーの再生、商工業の発展などの意味からも大変に意義深いことであり、この貴重な屋台の伝統文化が、未来永劫に亘り引き継がれますことを切に願う次第でございます。

結びに、各町および関係各位の皆様のご尽力に心から敬意を表し感謝を申し上げますとともに、今年度の「ながの祇園祭 御祭礼屋台巡行」が盛大に開催されますことをご祈念申し上げます。