屋台巡行

屋台巡行(やたいじゅんこう)とは?
長野市に残る伝統民俗文化であり、かつて日本三大祇園祭として数えられた「ながの祇園祭御祭礼屋台巡行」です。
実施内容

実施日:平成29年  7月  9日(日)
実施エリア(綱切り式・山門答礼・各会所)マップ:中央通り周辺・善光寺・加盟町会所周辺

会所マップ
加盟町各町会所場所

弥栄神社加盟町     29年度の屋台巡行町は     29年度の置き屋台は     です。

町 名 場   所 町 名 場   所
大門町 善光寺郵便局前 問御所町 植木商店前
元善町 いづみや旅館前 上西之門町 弥栄神社
西後町 八十二銀行長野支店前 緑町 緑町公民館前
北石堂町 信用金庫石堂支店前 桜枝町 傳田精肉店前
東町 東司・東町屋台蔵 南千歳町 アイビースクエアー前
末広町 トップツアー(株)長野支店前 南石堂町 西友石堂店前
東後町 グランドハイツ表参道二番館前 上千歳町 上千歳広場
東鶴賀町 東鶴賀町公民館前 西之門町 三河屋洋傘専門店前
東之門町 北野家(寛慶寺前) 権堂町 秋葉神社前
新田町 もんぜんぷら座前
屋台運行ルート
【権堂町】
権堂町会所 7:30発
【南石堂町】
南石堂町会所 9:00発
【上千歳町】
上千歳町会所 8:30発
【元善町】
元善町会所 8:10発
屋台巡行運行図:権堂町 屋台巡行運行図:南石堂町 屋台巡行運行図:上千歳町 屋台巡行運行図:元善町
置き屋台

【北石堂町】

実施日:平成29年  7月  9日(日)
場所:しんきん北石堂前(中央通り)位置図
北石堂町屋台の紹介:

北石堂町(置き屋台)

 大正13年に中央通りが完成、その「中央通り竣工祝賀俄物巡業」が行われ、そのときに初めて北石堂町は御祭礼に参加。当時は北石堂町北区という名で、屋台もない事から「大名行列」での参加でした。その後、北石堂町で屋台作りが始まり、完成したのは昭和7年。
 北石堂町の戦後復帰は昭和26年が始まりです。昭和33年から36年までは「長野夏まつり」に合流して実施。屋台は、昭和39年に大きく化粧直しをしました。現在の屋台には「彫り」が施されています。これは「登龍」、「降龍」というものです。屋台の彫り物だけ見ますと、後は屋台の胴回りに彫り物が施されれば、ほぼ完璧な屋台に成るそうです。

スケジュール 時間(分) 演目 出演者
10:30~ 東急駐車場 出発 4 黒田節 本間大誠
3 桜禿 佐藤美心
3.5 藤の花 藤塚 結
3.5 京人形 小林愛莉
5 関の小万 本間 朱
12:00~ 東急駐車場 出発 道中囃子 山本謙竹社中
12:15~ 南石堂町 会所 5 御所車 山部 雪
12:30~ 北石堂町 会所 7 長唄「藤娘」 藤間白勢津
12:45~ 新田町 会所 5 御所車 山部 雪
4 黒田節 本間大誠
3 桜禿 佐藤美心
3.5 藤の花 藤塚 結
3.5 京人形 小林愛莉
5 関の小万 本間 朱
7 長唄「藤娘」 藤間白勢津
14:00~ 北石堂町 会所 5 御所車 山部 雪
7 長唄「藤娘」 藤間白勢津
「信濃よいとこ」
「伊勢音頭」
「尾鷲節」
「広島木遣リ唄」
「津軽じょんから節」
   立方  藤間寿勢津 藤間千夜香 藤間千世久 草間美江
       小林富美子
   三味線 山本謙竹 山本謙竹綾 山本謙竹翠 山本謙竹玲
       西田敦也 北原絵美 高月千恵 塚田敏子
   笛   丸山文昭 米谷丈幸
   鳴り物 土倉光子 永井孝子

【東町】

実施日:平成29年  7月  9日(日)
場所:ぱてぃお大門 中央通り沿い西側 位置図
東町屋台の紹介:

東町(置き屋台)

昨年、25年振りに年番町として屋台巡行に参加し、大勢の市民、団体のご協力により復活された東町屋台です。明治5年山嵜儀作により作られ、旧市内では二番目に古く、彫刻はめでたさの象徴「松」、大願成就の象徴「鷹」で統一され、金箔の輝きと共に縁起の良い物語いっぱいの屋台です。東町屋台蔵の中に組立て保存され、いつでも見ていただけるようになっています。ぜひ長野市の宝「東町屋台をご覧下さい。

スケジュール 演目・出演者
10:30~12:00 西和田御神楽芸能同志会
12:30~15:30 箏曲「お江戸日本橋」
  「さくらさくら」
  「まりつき」
  「絵日がさ」
    東町
     箏 藤井マリア(小5)
     箏 林部夏葵 (中1)

日本舞踊「潮来出島」
    「京の四季」
    「木遣りくずし」
    「梅とさんさん」
    「千秋楽」
      花柳社中
       立方 宮尾虹来(小1)
       立方 宮尾菜那(小4)
       立方 山岸萌奈(高1)
お先乗り

実施日:平成29年  7月  9日(日)9:15~弥栄神社出発
※画像をクリックすると大きな画像で閲覧できます。

お先乗り運行図:南石堂町 宮岡芳宗 君
南石堂町 宮岡芳宗 君

南石堂町 岡宮家
岡宮 芳宗 君

お先乗りは、神の代理として選ばれた少年が金色の鳥帽子をかぶり白馬に乗って屋台巡行の先頭に立ちます。
これは純真な稚児に神が乗り移り、夏の疫病を祓うという信仰で、市民の健康と幸せを祈り、各町を練り歩きます。

綱切り式

実施日:平成29年  7月  日(日)10:00~
場所:もんぜんぷら座前スタート

山門答礼イメージ

お先乗りという神を宿した男の子が、弥栄神社の神の化身となり馬に跨り神域との境界を示す綱を太刀(日本刀)で切ることによって境界を開放し、各屋台が神域へと進むために行われてきた神事です。
綱切り式により、巡行が開始されます。

山門答礼

実施日:平成29年  7月  9日(日)11:10頃~順次
場所:山門 位置図
巡行する屋台が善光寺山門を訪れ、善光寺へ踊りなどを奉納する屋台巡行のメインイベントのひとつです。

山門答礼イメージ

<山門答礼スケジュール> ※予定
・11:10頃~ お先乗り
・11:15頃~ 権堂町
・13:00頃~ 南石堂町
・13:30頃~ 上千歳町
・13:55頃~ 元善町

Top